ベビーベッド

ベビーチェアってどんなものがあるの?

かわいい赤ちゃん

赤ちゃんが生まれ、腰がすわるようになりそろそろベビーチェアをなんて思ったとき、ネットで調べるとたくさんのベビーチェアが出てきますよね。ローチェア、ハイチェアの2つを紹介いたします。 まずはローチェア。ローチェアとはその名の通り低い椅子のこと。食事以外でも使う機会が多いのはこちらではないでしょうか。プラスチックで手すりがついているタイプや太もももを隙間にすっぽり挟んで座るタイプ、豆椅子と言われている小さいパイプいすのようなもの、木でできているもの、もともとはベビーラックだけど椅子にもなるタイプのもの。それらの中でもテーブルがついていたりベルトがついていたりと本当にいろんな種類があります。ハイチェアは高いタイプのいすです。高いので落下や転倒した際に赤ちゃんがけがをしないよう、比較的ローチェアに比べてしっかりとしたつくりのものが多いです。ベビーラックとして使えるもの、取り外してローチェアにできるもの、ステップがついており赤ちゃん時代から大きくなってもずっと長く使えるように設計されているものなど様々です。
どちらのタイプにも言えるのですが、赤ちゃんはまだローチェアでも足が床につかないことのほうが多いです。食事時などは特に足がぶらぶらしないようにステップなどで地面につけておかないと噛む力が育ちませんので注意しましょう。